入れ歯とブリッジ

入れ歯とブリッジについて

入れ歯とブリッジの比較

入れ歯とブリッジを比較すると、入れ歯は歯が全部なくなってしまった人でも総義歯という形で入れることができます。また、歯が残っている場合は、唾液や口腔粘膜の粘着力と残りの歯にばねを取り付けることで、残りの歯を削らずに機能回復が可能です。気をつけるべき点は、残りの歯に負担がかかりぐらついたり、虫歯になりやすいというリスクがあります。装着感、温度感覚も問題が生じることが多いようです。一方、ブリッジでは欠損部の両側の歯が必要なので、なくなった歯の本数が多い人には、人工歯を入れなければならず、難しい治療法になります。さらに、欠損部の両側を削ってから装着するので、削られた歯がしみる可能性があります。しかし、しっかりと固定されるため、比較的装着感が自然であるという特徴があります。

入れ歯とブリッジの違い

老化に伴って歯を失うことや他の理由によって歯を失った場合、治療法にもいくつかの選択肢かまあり、それぞれのメリットがあります。高齢者に多いのは入れ歯で、口腔内や歯の状態に合わせて様々な種類のものがあります。メリットとしては、簡単に治療が出来ることや健康な歯を削らなくて良いところですが、人によっては違和感を感じたり食欲がなくなってしまう場合もあるようです。インプラントは限りなく自分の歯に近い自然な歯となり、同じような感覚なのでほとんど違和感がないです。歯を抜くのと同じような手術が必要なのは難点かもしれません。ブリッジは健康な両隣の歯に人工の歯を被せる治療法で、入れ歯よりも違和感なく装着していられることが出来ます。見た目も自然でしっかり噛むことも出来ますが、両隣の歯を削らなくてはいけません。

入れ歯とブリッジの情報

新着情報

↑PAGE TOP